投資系CM-FOLIOから聴こえる株式暴落の足音

株式暴落
スポンサーリンク

最近はOneTapBUYやFOLIOといった投資系のCMが増えてきています。さらにLINEといった身近なツールでも投資ができるようになってきています。恐らく多くの人が何気なく見ていると思いますが、自分はある種の違和感を感じながらそれらのCMを見ています。

大衆の反対を貫け

基本的に相場というものは大衆の逆を貫くべきだと言われています。この詳しい説明は今回は省きますが、とにかく大衆とは反対に動くべきなのです。ここで投資系のCMが増えている現状を思い出してみましょう。

こういったCMが増えているということは多かれ少なかれ投資初心者が相場に参加してくるということです。投資初心者は典型的な大衆であることが多く、機関投資家などのカモになりがちです。

そして投資初心者が最初にやることと言えば現物の買いのみです。投資家にとって空売りは比較的一般的ですが、投資家の中にも空売りに対して異常な恐怖を感じてる人も多いです。いわんや投資初心者をやという感じで、投資初心者は買いで向かうことしか通常しません。かくいう自分も昔は買いしかしませんでした。(笑)

投資初心者が買う。機関投資家などをこの投資初心者をカモにしたい。カモにするためにはこの投資初心者のロスカットを起こす必要があり、株価の暴落を引き起こそうとする。このような論理で投資系CMの増加からは株価の暴落が感じられるのです。

この株価の暴落を損失にするのではなく、利益にするためにはどうすれば良いのか。答えは空売りをすることです。しかし空売りに対して恐怖感があれば空売りはできないでしょう。

空売りは本当に危険なのか

空売りが危険と誰が言ったのでしょう。賢明な過去の投資家たちが言ったのでしょうか?もしかしたら過去のあほな人たちが負けた腹いせにそう言い放ったのかもしれません。(笑)

投資家に求められることはいろんなことを鵜呑みにせず、自分の頭で考えて疑ってみることです。空売りが危険と思うのは別に構わないのですが、信じてはならない。

一回疑ってかかってしっかりと自分の頭で考えることが大切です。ちなみに私は空売りは全く危なくないと思っているのですが、その根拠は自分で考えてみてほしいと思います。これは今日の宿題です。(笑)

投資家は孤独である

一つ付け加えておきたいことは、この記事ですら疑ってみたほうがいいかもしれないということです。(笑)もちろんある程度の自信と根拠を持ってこの記事を書いていることは確かですが、疑ってかかることはそれほど大事な能力なのです。

このことから分かるように、投資家は基本的に何も信じることはできません。投資家は自分の意志ですべてを決定しなければならない。投資家は孤独なのです。

まとめ

今回は直近の株式が暴落しそうな理由と、それに付随する話をしました。何か日頃のトレードに活かせることがあれば幸いです!今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました