クレジットカードを持つメリット

一般
スポンサーリンク

キャッシュレス化が進んでいる世の中では、クレジットカードを持つのが当たり前になりつつあります。ですが、「持つメリットが分からずイマイチ作る気になれない」という人も多いでしょう。今回はその具体的なメリットについて話していきます。

少なくとも0.5%の還元がある

500万円ほどの年収があり、1年間にすべて使うとすると、2万5000円が戻ってくるわけです。これを多いと見るか少ないと見るかはあなた次第ですが、自分はかなり大きいと思っています。

日々の買い物で10円の差を気にして、安い方を買うという人もいるでしょう。ですがその時間はもったいないと思います。そういった時間の使い方をするよりは勉強をして、自らの収入upや節約術を学ぶことに費やした方が良いでしょう。

またクレジットカードでの決済は想像以上に速いです。「pinを入力したり面倒くさいのでは」と思われるかもしれませんが、スーパーやコンビニなどでは、pinの入力なしに決済を完了させることができます。

加えてクレジットカードの還元率は必ずしも0.5%ではありません。ゴールドカードなどでは、1.5%以上になることもあります。先ほどの計算に基づけばさらに5万円が手に入ることになります。家族で旅行をすることもたやすいでしょう。

銀行の利子は0.010%程度

銀行に預けたままでは利子は0.010%程度しか付きません。日本はデフレなのでしょうがないと言えば、しょうがないですが。

しかしクレジットカードを使うと少なくとも0.5%の還元が来るわけです。もちろん使っているか、貯めているかで、お金のあり方が全然違います。使っているから還元が多いというのはもっともです。

ですが多くの人が持っているポイントカードも約1%程度しかポイントはつきません。そして使えるのは、買った店と同じ系列の店でしか使えません。靴屋のポイントカードを作っても、靴屋でしか貯まらないしそこでしか使えないのです。

一方で、クレジットカードはほぼどこでも使えて、ポイントはインターネット上などですぐに、次の決済に使えます。このようにクレジットカードの還元率と効率性は、ポイントカードとしてNo.1です

現金よりも安全な面がある

現金の方が安全だからと言って、クレジットカードを使わない人は多くいるでしょう。ですがカードは現金よりも安全と言えます。

例えば、2万円とクレジットカードが入った財布を落としたとしましょう。一見カードを落としたことによるデメリットが大きいように思えますが、現金の方がリスクです。現金を抜かれたとしてもその追跡は不可能ですので、簡単になくなってしまいます。

しかしクレジットカードならば、落としたとしても限度額を超えて使われる心配はなく、不正利用であればその分が引き落とされることはありません

つまりクレジットカードをきちんと利用し現金を持ち歩かなければ、お金を失うリスクは減少します。こういった点においてクレジットカードは安全です。

現金は面倒

自分はほとんどキャッシュレスに移行し、あまり現金を使うことはないです。現金を使うのは面倒だなと思います。お釣りの受け取りやATMで引き落とす作業など面倒が付きまといます

クレジットカードを使うときは、面倒くさいのはPINの入力ぐらいですかね。しかし、これも5秒で終わり、ほぼルーティン化させることができます。

現金はめんどくさいというのは、クレジットカードを使ってみてからわかることだと思います。最近ではスマートフォンで決済するPayPayや楽天Payというものも登場しました。そういったものを使うにしても、やはりクレジットカードの登録が必要になってきます。クレジットカードは現代においてかかせない一つのツールですので、ぜひ持っておきましょう。

ネットで決済をする上では必須

アマゾンで買い物をしたり、ネットビジネスをしたりする上で、クレジットカードは必須です。もちろんコンビニ払いすることも可能ですが、意外と手間がかかります。

暗証番号を携帯でメモしておき、いざコンビニに向かったがIDも必要だったみたいなことはありませんか。クレジットカードであれば、一回登録しておけばクリックして登録した住所を確認して、購入は終了です。あとは到着を待つだけです。

ネットビジネスにおいてもカードは必須です。メルカリやYahooオークションもクレジットカードで決済することが当然できます。そしてこういったカードの使用料はポイントとして帰ってきます。「ネットビジネス×クレジットカード」このタッグは強いです。

おすすめのクレジットカード

楽天カードとエポスカードがおすすめです。楽天カードは楽天を利用している人におすすめで、楽天市場で楽天ゴールドカードで決済をすると、5%の還元が受けられます。ゴールドカードの年会費が2000円というのも魅力です。

一方でエポスカードは、年間50万円以上の利用を一回だけおこなうことで、年会費5000円のゴールドカードが、年会費永久無料で手に入れられます。ゴールドカードを最安値で手に入れるためには、エポスカードが最もコスパが良いでしょう。

またエポスゴールドカードは年間100万円以上利用すると、1万円のポイントがついてきます。この点もエポスカードのメリットと言えるでしょう。

まとめ

クレジットカードは、日本ではあまり普及していません。鎖国してきた国ですし、新しいものを受け入れがたいところがあります。「現金が一番」というフレーズも耳にタコができるくらい聞いてきたと思います。

しかし世界は急速に変わりつつあります。中国では財布を持たない人が増え、クレジットカードすら持たないそうです。すべての決済がスマホで可能であり、顔認証で決済する技術も現れています。

日本もキャッシュレスの波が押し寄せてきています。そこでまずは現金から脱却し、クレジットカードは使ってみてはどうでしょうか。仮想通貨といった世界もその先にあります。世界におくれを取らないようにするのは、あなたの一歩からです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました