<徹底解説>仮想通貨という呼称は間違いだったのか?

仮想通貨
スポンサーリンク

2018年12月14日に、金融庁が仮想通貨の名称を「暗号資産」へと変更することを明らかにしました。今回はこの名称の変更が何を意味するのかや、仮想通貨という命名は失敗だったのかについて解説していきます!

仮想通貨という名称はふさわしいものだった

自分は仮想通貨という名称がふさわしかったと思います。つまり暗号資産という命名はイマイチかなという印象です。仮想通貨という名前では、法定通貨と対になるものとして「仮想通貨」というものがあるんだぞということを普及できました。

また、電子決済やプリペイドカードなどとは異なるということも一瞬で伝わります。こういう面から考えて仮想通貨という名称は一瞬でその実態がわかる良い名称でした。

「暗号」とは?「資産」とは?

ここで新しく変わった「暗号資産」という名称について考えてみましょう。「暗号」と「資産」に分けて考えます。

「暗号」の意味はビットコインなどにおいて、取引のセキュリティを守るために、その取引を暗号化するという意味です。この暗号というフレーズは「暗号通貨」という呼び名にも使われており、かなり昔から使われています。

暗号通貨とはcryptocurrencyの直訳であり、世界的にはこの名称で通っている部分もあります。よって法定通貨と対になると言う意味はなくなりますが、セキュリティが高いものという意味合いが自然と強くなります

次に「資産」の意味です。この意味はざっくり言うと、「仮想通貨なんか通貨ではない!」ということを強く示します。株式や不動産などと同レベルだということです。個人的には仮想通貨はやはり通貨であり、資産とは少し異なると思っています。はっきり言ってビットコインには資産としての価値はありません。ブロックチェーンは取引のセキュリティを上げるものであり、取引が行われることを前提としているので、こういった意味でも仮想通貨は紛れもなく通貨です

暗号資産と呼ばれることによる影響

暗号資産と呼ばれることは、仮想通貨に大きな悪影響を与えます。なぜなら仮想通貨の存在意義を根底から問い直してしまうからです。通貨になろうとしていた各種の仮想通貨は、通貨になるという目標を邪魔されてしまいました

これはサッカー部の部員に向かって「今日から甲子園を目指せ!」と言っているようなものです。

ビットコインの歴史はたかが10年ほどですが、されど10年。その10年の歴史を否定されたといっても過言ではないこの名称の変更は、仮想通貨にとって悪影響であることは間違いありません。

currencyであることは変わらない

ここで一つ注意しておきたいのが、今回の名称変更は日本だけのものということです。海外ではcryptocurrencyと呼ばれているので、currencyつまり「通貨」であることには変わりません

よっていくら日本で「暗号資産」という呼び名に変わりましたと言っても世界的な影響はそこまでないだろうと思っています。(まあ仮想通貨界隈は日本人が多いので、少し危険だとも言えますが)

ゲーム内の通貨やTポイントなども仮想通貨

電子的な通貨という意味ではビットコインもTポイントも同じものです。(少し雑ですが笑)ビックカメラではビットコインが使えますが、ビックカメラのポイントも使えます。現金という実体を用いずに取引をしているという点では同じです。

ビットコインとTポイントの違いは変動相場制であるか、固定相場制であるかというものです。ビットコインは変動相場制を採用しています。

変動相場制であることの意味

変動相場制であることによって何が変わるのでしょうか。変動相場制は二つのものの結びつきが弱くなることを意味しています。100Tポイント持っているとそれは100円持っているのとほぼ変わりないですが、円安になった場合、Tポイントの価値は円安の影響を強く受けます。

一方でビットコインの場合は、変動相場制であるのでドル円の値動きの影響はそこまで受けません。よってビットコインは円との結びつきが弱くなり、ドルやユーロなどの各種の法定通貨とそれなりの連関を持ちます。

ビットコインは法定通貨とほとんど独立していると言っても過言ではありません。もしも円が大幅なインフレーションを起こしたとき、持っているTポイントはほとんど価値を持たなくなりますが、ビットコインは恐らくインフレになりません。なぜならドルやユーロといったその他の通貨に価値を支えられているからです。こういった点はまさにGOLDに似ていると思っています。GOLDの特徴については以下の記事をご覧ください。

www.beyondcryptocurrency.work

まとめ

今回は仮想通貨という呼称の是非について考えてきました。変動相場制という話まで拡大したこともあり、少し難易度高めだったと思います。とりあえず仮想通貨という名前の方がふさわしいというのが自分の結論です!

まあ今仮想通貨を買うのは全くおすすめできないので、またバブルが来たときのためにしっかりと知識を入れておきましょう。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました