EA(自動売買)とは

一般
スポンサーリンク

EAという単語は広告で見たことあるという人も多いでしょう。今回はそのEAとは何かについて詳しく解説していきたいと思います。

EAとは

EAとはFX用の自動売買システムのことです。人間が取引するのではなく、AIが取引を自動で行ってくれます。

「自ら取引しても勝てない人はEAを作っても意味ないのでは」と思う方もいるかもしれませんが、EAを使うことでメンタルを排除した安定的な取引ができ、EAだと勝てるということもあります。また、EAを使うことで、チャートに向かわなくても良いというメリットもあります。

EAを作るためにはMQLというプログラミング言語が必要になる

当たり前なのかもしれませんが、EAを作ることはプログラムを書くことです。ですので、プログラミングの知識が不可欠になります。プログラミングについてある程度の知識を持っておかないとEAを作るのは難しいでしょう。

そしてEAを作る際にはMQLというプログラミング言語が必要です。このMQLについて説明していきます。

MQLにはMQL4とMQL5の2種類がある

言葉の通りでMQLには二つの種類があります。MQL5はMQL4のアップグレード版として開発されたのですが、MT4で開発していた人々にとってはそのまま使い続ける方が簡単であったため、MQL4のほうが依然として使われています。

このようにMQL4のほうが依然として使われていることが、MT5ではなくMT4が使われる主な理由となっています。MT4とMT5については以下の記事をご覧ください。

www.beyondcryptocurrency.work

MQLはC++に似た言語である

このMQLはC++を参考にして作った言語であるそうです。ですのでC++のコードが読めるとかなり楽にMQLを理解することができると思います。しかしMQLならではの部分も多くあり、かなり難しいです。

異常な関数の多さ

C++にもたくさんの関数がありますが、MQLはそれよりはるかに多いです。これがなぜなのかと言うと、取引に関する関数がどうしても多くなるのです。C++で使える関数が基本となってそれに+αでたくさんの関数があるという感じです。

初心者はC++から勉強するべき

上のような点からまずはC++の基本からマスターした方が良いと思われます。C++はプログラミングにおいてもかなり王道の言語であり、C++が書けることは大きなメリットです。加えてプログラミングにおいては、1言語を書けるようになると様々な言語が圧倒的に書きやすくなります。C++を学ぶことはメリットしかないです。

MT5に入っているサンプルのEAはあまりにも複雑

MT5には最初から4つくらいのサンプルEAが入っています。しかしこれはあまりにも複雑で理解することができません。全体のコードの長さは2000行以上であり、これは初心者が理解することは不可能だと言えます。

もちろん最終的には理解する必要があるのでしょうが、最初は無視しても良いでしょう。「こんな長いコード書けるわけない。。」と思ってあきらめてしまうのはもったいないです。わからなくて当然だと思います。

EAは買ってはいけない

上記のことから分かるようにはっきり言ってEA開発はかなり難易度が高いものです。そんなEAを買うのは愚かだと思います。

恐らく安易にEAを買おうと思っている人は、EAのプログラムの中身が分からないでしょうし、どんな簡単な変更もできないでしょう。

そんな人がEAを買っても無駄だと思います。自分が中身を理解できないものは買わないべきです

まとめ

EAを作るにはかなりのプログラミングスキルが必要になります。そしてMQLは初心者お断りといった雰囲気が強い言語です。なのでC++をある程度勉強してからEA開発を始めたほうが無難だと言えます。EAを買うのは言語道断なのでやめておきましょう(笑)

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました