住宅ローンは組んではいけない

一般
スポンサーリンク

住宅ローンを組むことを検討しているそこのあなた!一回考え直してみたほうが良いかもしれません。その理由をこの記事で詳しく解説していきます。

単純に利息を計算してみる

家の額が3000万円、金利が1.5%として考えてみましょう。すると返済額は約3727万円となります。(元利均等返済で、30年ローンの場合)つまり約727万円ものお金を余計に払わなければならないということです。この利息分を払ってでもなお自宅を購入したいのかを考える必要があるでしょう。

家を持つリスクはかなり高い

家を購入して自由に暮らすというのは確かにメリットです。しかし自宅を購入するリスクは存在します。ここからはそのリスクをいくつか見ていきます。

転職しなければならなくなるリスク

サラリーマンとして働いている場合、辞めさせられてしまう場合もあります。リーマンショックのような不況によるリストラや、AIに職業を奪われてしまう可能性もあるでしょう

そういった場合に住宅ローンを払うためには転職しなければなりません。しかしそうは言ってもすぐに次の仕事先が見つからなかったり、望む職種ではない企業に勤めなければならない可能性もあるでしょう。

海外に移住しづらくなる

何かのきっかけで海外移住したくなった場合においても住宅ローンは負担となってしまいます。せっかく住宅を買ったのだから海外には行かないでおこうと思ったり、もし海外に行くとなれば支払った利息は無駄になってしまいま

心理的負担

住宅ローンを組むと精神的な負担が大きくなるでしょう。もし住宅ローンを払えなくったらどうしようといった不安や、火災が起きる恐怖は回避しようと思ってもなかなか難しいです。

もちろん火災保険などに入ってこういった恐怖を少しでも減らすことはできます。しかし住宅ローンを支払う上にさらに保険料を支払わなければならずお金がかかってしまいます。

住宅ローンを組むメリット

住宅ローンを組むデメリットばかりでは気が滅入ってしまうので、メリットも紹介します。

賃貸よりも安い場合がある

賃貸は家賃10万円で30年間住むと3600万円です。これは先ほど計算した30年ローンで買った家(3727万円)とほぼ同じ金額です。しかも購入した自宅は30年以上住み続けることができ、住み続けるほどお得です。

また家族が多い場合などは、家賃がその分高くなることも考えられます。よって家を持つ方がメリットが大きいとも言えます。

買った住宅を高く売れる可能性がある

条件良い土地や不動産価格が低迷しているときに住宅を上手く買えば利息以上に儲かる可能性があります。例えば3000万円で買った住宅を何年後かに売却すれば6000万円で売れるといった感じです。このように上手く転売できれば住宅ローンの利息以上に儲かります

しかしこのような転売を行う場合は十分な不動産の知識が必要になります。一般の人には難しいのですが、このようなことを成し遂げられる自信があるのならば、住宅ローンを組んでみてもよいでしょう。

一括払いできるまで買わない方が良い

ここまで、住宅ローンのメリットとデメリットを見てきましたが、これが結論です。(笑)確かに3000万円ほどの大金はなかなか手に入らないかもしれませんが、起業してそれが上手くいけば年収1000万円くらいにすることはできます。

他にもまだ30代くらいであれば大学に4年間通って大企業に就職し年収1000万円の職を獲得することもできるでしょう。

先ほどの計算では、利息は700万円程でしたが700万円もあれば、5年は賃貸に住むことができます。安易に住宅ローンを組むのではなく、賃貸に住みながら着実にお金を貯めて一気に家を購入した方が良いと思います

住宅ローンと言えど結局は借金です。基本的に貸す方が儲かる仕組みになっています。しっかり考えて幸せな生活を獲得しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました