<基本中の基本!>レンジとトレンドの関係性

初心者必見
スポンサーリンク

レンジとトレンドは相場に関わる上での基本の基本です。今回はそのレンジとトレンドの関係性について詳しく見ていきましょう。

まずはレンジとトレンドを見分けられるようになろう

最初のステップはレンジとトレンドの違いが分かるようになることです。ざっくり言うとレンジは値動きがそこまでない部分で、トレンドは上か下のどちらか一定方向にチャートが動いている部分のことです。

f:id:identity11:20190216163047p:plain

上の緑丸の部分がトレンド、赤丸の部分がレンジです。大体のイメージはついたでしょうか。

レンジとトレンドは交互に来る

もちろんですがレンジとトレンドが同時に来ることはありません。「トレンド→レンジ→トレンド→レンジ」という形で交互に来ます。レンジ中に力をためてトレンドでその力を吐き出すという感じです。レンジとトレンドはころころ変わるので、現在がレンジなのかトレンドなのかを認識する能力はかなり重要です

トレンドを期待しすぎない

レンジからトレンドに変わる瞬間をレンジブレイクと言います。レンジの最中では、そんなレンジブレイクを期待してトレードすることもあると思います。

しかしレンジのラインは意外と強くブレイクはあまり起きません。加えてレンジをブレイクしたとしてもレンジラインまでチャートが戻ってくることも多々あります。そこでもう一度反発することによって、完全なブレイクとなります。

よってレンジのブレイクはあまり起きないので、トレンドを期待せずに逆張りしていく方が良いと思っています

レンジでの逆張りは損切りラインが明確なこともメリットの一つです。レンジ少しオーバーしたところに逆指値注文をしておけばよく損切りラインはシンプルに決めることができます。

レンジブレイクはどっちに進むこともある

上昇トレンドが来てレンジに入ったとします。このときレンジがブレイクする方向をとしては、上昇トレンドの方向と下落トレンドの方向のいづれの可能性もあります。

しかし長期の時間軸になればなるほど、「上昇トレンド→レンジ→下落トレンド」または「下落トレンド→レンジ→上昇トレンド」になる可能性が高いです。絶対にこうなると思うのは良くないですが、意識することでトレード能力は上がるでしょう!

レンジやトレンドで分類できないときもある

レンジ、トレンドはかなり強力な分類の仕方の一つなのですが、常にどちらかに分類できるというわけではありません。

インバーテッドラインの強力さについて
最近大きな気づきがあったので共有したいと思います。それはインバーテッドラインの存在です。インバーテッドラインとはインバーテッドトライアングルにおけるサポートラインまたはレジスタンスラインのことです。自分が勝手に作った言葉なので、ググ...

上の記事のインバーテッドラインが発生するときは、まさにレンジともトレンドとも言えない瞬間です。

レンジともトレンドとも言えない瞬間があるなんて…

そんなの勝てるはずはないよ…

確かにインバーテッドラインが出現する瞬間は難しい相場になっていることが多いです。

とはいえ難しい相場で勝つ必要はないのです。難しい相場がどういうものかを認識し、その相場を避けるようにすることが重要です。

そうすることによって明確なトレンドが出たときに資金を残しておくことができます。

利益を出しづらい難しい相場とは
難しい相場は常に発生します。そこで難しい相場とは何かに対する、自分なりの回答を紹介していきたいと思います。レンジ相場相場には大きく分けると二つの種類に分けることができます。一つがトレンド相場であり、もう一つが今から紹介するレンジ相場です...

まとめ

今回はレンジとトレンドの関係性について見てきました。レンジ、トレンド各々の特徴についてはまた改めて記事を書きたいと思うのでご期待ください。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました