読書の価値

スポンサーリンク

読書は苦手だとあなたは思っていませんか?そんなあなたは損しているかもしれません。今回は読書が持つ価値を紹介していこうと思います。

自分とは異なる価値観に耳を傾けることができる

読書の醍醐味はここにあると思います。読書によって他人の価値観を吸収することができるのです。

もちろん他人の価値観を吸収することは友達や仕事仲間と話すことによっても更新することができます。

しかし面と向かうことが必要な会話では、○○さんが言っていることだから受け入れたくないと思ってしまうことがあります。自分の嫌いな人の価値観は納得しがたいですよね。

読書は基本的にその発信者の性格などがわかりません。ですので友達などよりも素直に受け入れることができます

また、自分の中で反すうする時間も十分にあるので、この点も読書のメリットだと思います

文章を読むことが苦しくなくなる

文章を読むのってかなりきついですよね。漫画はそこまで文字がなく、ネットの記事もそこまで文字数がないので、長文を読むことに慣れていないように思います。

一冊の本は約10万字で書かれています。読書をする習慣が身につくと、この10万字という分量に慣れるので、一本2000文字で書かれたネットの記事はすらすらと読めるようになります

私も読書をするようになってから、ネット記事に対する抵抗感がなくなり、インプット量が圧倒的に増えました!

知識の偏りをなくせる

最近ではYouTubeが流行しており、動画で知識を学べるようになっています。テレビも同じ映像として学ぶことができ、ラジオは音声によって学ぶことができます。

しかし本の圧倒的な情報量には及びません。音声や映像はどうしても情報伝達として遅いところがあります。もちろん映像や音声でしか伝達できないこともありますが、情報量の密度としては本が最強です。

本を読むことで、動画や音声よりもかなり速いスピードで情報をインプットすることができます。ソクラテスといった歴史的な知を学ぶおいてはどうしても本が欠かせません。

アイデアが生まれる

読書は多くのINPUTを可能にします。それによってアイデアといったOUTPUTのクオリティを引き上げることができます。

アイデアとは問題解決の手段だと言われることがあります。この言葉から分かるようにアイデアを生むためには、現状の問題を知ることが必要です。

リサイクルという言葉が一時期流行りましたが、リサイクルというアイデアは、ごみが大量に捨てられているという問題が存在したからこそ生まれたアイデアです。

アイデアのもととなる問題の把握を、読書は可能にするのです

まとめ

今回は読書の価値について見てきました。読書のメリットは簡単には見えにくいですが、今回紹介したように多くのメリットがあります。

投資を優位に進めていくためには膨大な量の情報をインプットすることが必要です。読書によってインプットの能力を向上させることが投資に大いに役立ちます。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

追証なし!おすすめのFX業者XMの登録はこちらから!

clicks.pipaffiliates.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました