投資家御用達ツール-TradingView(有料版のメリットについても解説)

初心者必見
スポンサーリンク

TradingViewとはチャートを表示させるための投資家御用達ツールです。(笑)

今回はTradingViewの使いやすさについて話していきたいと思います。

また、自分は有料のプランに入っているので、有料プランのメリットについても説明していきます。

MT5を超えるチャートの見やすさ

MT5を使っている人は「チャートはMT5上で十分じゃないの?」って思っているのではないでしょうか。

しかし、実はそうではないのです。どちらかというと、MT5はトレードするために作られたツールであり、チャートを表示するために作られたものではないのです。

一方でTradingViewはチャートを表示するために作られたツールであり、チャートの見やすさはMT5のそれを遥かに上回っています。

最初から搭載されている便利な機能

TradingViewには様々な便利な機能が最初から搭載されています。

例えば、チャートの上下を反転する機能。そんなことしても意味がないように思う人もいるかもしれませんが、意外とこれが有効に働くことがあるのです。

株式投資しかやってない人やショートすることの恐怖が大きい人は、チャートが上がるという予想を無意識にしてしまいがちです。反転したチャートにおいて、元のロングはショートになり、元のショートはロングになるので、フラットな目線を獲得することができます

また、パソコンでページをするときに使うマウスの真ん中の部分(変な説明ですみません)の使い方がMT5とTradingViewで異なっています。

MT5の場合チャートの写る範囲をずらすために使うのですが、TradingViewの場合画面の範囲内に移るローソク足の本数を増やしたり減らしたりするために使われます。めちゃくちゃわかりにくい説明になってしまいましたが、個人的にはTradingViewの方が使いやすいです。(笑)

ここらへんの使いやすさは実際に使ってみないとわからない部分だと思うのでぜひ使ってみて欲しいです。

TradingViewのサイトはこちら↓

tradingview.go2cloud.org

TradingView有料版のメリット

ここからは有料版の説明をしていきたいと思います。

価格帯別出来高

有料版で使用できるインジケーターの一つに価格帯別出来高というものがあります。普通の出来高の表示は一本のローソク足が生まれてから完成するまでにどれだけの取引があったのかを意味するものです。しかし、価格帯別出来高はある価格帯の出来高がどれだけあったのかを示すものです。

f:id:identity11:20190125214251p:plain

上の赤と緑のバーが一般的な出来高で、黄色と水色のバーが価格帯別出来高です。水色がロングの出来高、黄色がショートの出来高です。

出来高は思ったよりも重要な指標であり、価格帯別出来高はどこの価格帯が意識されているのかを判断できる強力なインジケーターなのでぜひ活用していただきたいです。

チャートの保存

無料版でも登録することでチャートを保存できるのですが、有料版では少なくとも5個以上チャートを保存することができます。チャートを複数保存できるのは様々なメリットがあります。

今自分が取引している個別銘柄を忘れないようにするためだったり、異なる時間足で分析をした複数のドル円のチャートを保存することもできます。とにかく多様な使い方ができるので、これも一度使ってみて欲しいと思います。

個別銘柄のチャートを見る

個別銘柄を見るためには有料版への登録が必要です。株式を取引する上では個別銘柄のチャートを見ることは不可欠です。

個別銘柄のチャートは検索したら出るのでは?と思う方もいるかもしれませんが、ネットで調べて出るチャートでは、テクニカル分析ができません。

一方で、TradingViewは様々なテクニカル分析が可能です。

一応、TradingViewの登録について説明しておきます。先ほど少し言ったように、登録することでチャートを保存することができたり、投資家同士の交流もできたりします。登録して損することはないので、ぜひ登録してみてください。

また、TradingViewは有料版でも30日間無料でお試しができるので、ぜひ試してもらいたいです!TradingViewへの登録は下からどうぞ!有料版に登録するためにはアカウントをサインアップ(作成)した後可能になります。リンクに飛んだ後右上の無料登録の部分からアカウントの作成ができます。

tradingview.go2cloud.org

今回はここまで!最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました