<ビットコインしか知らない人に教えたい!>仮想通貨の用語集

仮想通貨
スポンサーリンク

今回は仮想通貨の用語について紹介していきます。さっそくどうぞ!

・ビットコイン 仮想通貨のキングオブキング。時価総額No.1。略はBTC。2009年10月12日始めてビットコインの取引が開始された時の1btc=0.09円から、1btc=約227万円まで上がり約2500万倍を達成。この値上がり率は伝説と言っても過言ではないだろう。

・ビットコインキャッシュ もとはビットコインからハードフォークした通貨。略はBCH。2018年11月16日に分裂騒動を起こした。このときBCHABCとBCHSVに分かれた。ビットコインが暴落した遠因とも言われている。

・リップル みんな大好きなリップル。(笑)時価総額No.2。略はXRP。何かとビットコインと比べられる。リップルは上がる上がると言われているが、いつ上がるのか教えて欲しい。(笑)熱狂的なファンが多い。

・イーサリアム リップルに押され気味な通貨。時価総額No.3。略はETH。スマートコントラクトというビットコインに勝る点を秘めている。しかしツイッター上で言及する人はほとんどいなくなってしまった悲しい通貨。

・ネム 着実に右肩下がりを続ける通貨。(笑)略はNEM。コインチェックの仮想通貨流出事件で流出した。あんなことがなければもう少しはましだったのかなという印象。

・ノアコイン 謎のIPO通貨。YouTuberが言及することもあり不信感しか抱かないのは自分だけか?(笑)フィリピン人が出稼ぎで稼いだお金を国際送金するときにノアコインが使われれば上がるという論理で多くの金を市場から巻き上げた。うん。ビットコインでよくない!?(笑)これ以上は何も言うまい。

・ブロックチェーン ビットコインの核となる技術。ブロックに取引履歴が書き込まれていきブロックがずっとつながっていく。取引を偽造するためには、最新のブロックから偽造したい取引が記載されたブロックまでの長さのブロックチェーンを新たに作る必要がある。これは実質不可能と言われており、ビットコインの安全性及び非中央集権性を保証している。

・ICO 新しく発行されるコインのこと。大体ろくでもないコインしかない。これに投資するぐらいなら株式に投資した方がいい。調べる時間さえ無駄とも言える。

・マイニング ブロックチェーン上のブロックを作る代わりにビットコインを貰うこと。初期はマイニングで儲かった人も多くいたが、はっきり言ってマイニングする旨味はほとんどない。コンピューターに詳しい人がちょっとかじる分にはちょうど良いが、素人が参入するメリットは全く持ってない。そんな暇があったらプログラミングを勉強した方がいい。

 

・ナカモトサトシ ビットコインを作ったとされる人物。人物と書いたがそもそも人物かどうかさえ分かっておらず、公に出てきていない。なぜ日本人の名前を使ったのかという議論も頻繁にされる。謎の多いところ。

・暗号通貨 仮想通貨の別名。英語で用いられるcryptocurrencyの直訳は暗号通貨であり仮想通貨ではない。よってアメリカ人にvirtual currencyと言っても伝わらない。

・ビットコイナー反省会 仮想通貨の情報について動画を出しているYouTuber。一時期は仮想通貨に関わる人の多くが見ていたらしい。最近も動画を出しているが、少し専門的すぎる。(笑)やる気のある人にはおすすめ。

・ビットフライヤー 何かと問題の付きまとう国内取引所。国内でbtcfxをやるならとりあえずは登録しておきたいが、新規口座開設は中止されている。

・メンテナンス ビットフライヤーや他の取引所で行われる、システム維持のための点検作業のこと。この期間中は取引ができない。基本的に仮想通貨界隈でのメンテナンスと言うとビットフライヤーのメンテナンスが主である。ちなみにビットフライヤーでは毎日午前4時から4時10分まで行われるメンテナンスと、月に一回ぐらいあるメンテナンスがあるので注意。

・コインチェック なんだかんだで愛されている取引所。2018年1月26日、580億円分のNEMが流出した。新規口座開設は停止されていたが2018年10月30日に再開された。なんだかんだでこれからまともになっていくことが期待されている。

・zaif こちらも67億円分の仮想通貨が流出した取引所。(笑)仮想通貨流出の認識から公表まで4日もかかっており、対応の遅さが目立つ。ビットフライヤーと同様に問題が付きまとっている。

・Mt.Gox 仮想通貨流出の元祖と言ってもいい取引所。2014年3月に、約115億円分のビットコインが消失した。goxという言葉が頻繁に使われるようになり、仮想通貨がなくなることをgoxと言うようになった。

・バイナンス 出来高No.1の取引所。初心者に口座開設を促すことが多いが、非常に使いずらいので個人的にはおすすめしない。

・bitmex レバレッジ100倍でbtcfxができる取引所。他にもアルトコインをトレードできる。しかし強制ロスカットラインが狭いのでここもまたおすすめしない。ビットフライヤーの口座を持っていない人は登録しておいた方が良い。

・bitfinex ビットコインの価格を操っているのはだいたいここの取引所。出来高は少ないがその影響力は大きい。bitfinexの注文板を見ている人も多くおり、かなり意識されている。

ここら辺の用語が分かれば基本的には仮想通貨の情報がすんなり入ってくるでしょう。友達に雑学として語ることもできます。(笑)今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

今回紹介したワードに関連のある記事を張っておくのでもっと詳しく知りたいという方はぜひお読みください!

仮想通貨のマイニングは始めてはいけない!?

www.beyondcryptocurrency.work

<考察> 1btcが1億円を超える可能性

www.beyondcryptocurrency.work

www.beyondcryptocurrency.work

コメント

タイトルとURLをコピーしました